開発プロセス

01

plan/設計検討

設計要件やデータを確認したのち、過去の事例やトラブルなどから懸念事項を抽出します。製造成立性を検討し、場合によっては改訂提案を行います。最終データを頂いたのち詳細設計に入ります。

02

cad modeling/モデリング

フレーム設計、取付設計、造形モデリングなどの詳細設計に入ります。この際、縫製ラインの成立性やフレームの耐久性などを他部署と密に連携を取りながら確認しつつ進めていきます。ここでも懸念があれば都度お客様と相談しつつ進めていきます。

03

modeling&frame assembly/パッド造形&フレーム製作

設計が完成すると試作製作に入ります。PADはCNC加工で、複雑な構造のフィニッシャーなどの樹脂パーツはCNCと3Dプリンターを併用して加工します。フレーム製作では設計部署と連携し、少しでも懸念があれば都度修正検討し、完成品にトラブルがないよう細心の注意を払って製作します。

04

Trim Cover Assembly/トリムカバー装飾

PAD形状が完成すると型取り・縫製に入ります。樹脂パーツはラインを崩さないよう丁寧に表面処理したのち、塗装やフィルム張り、PVCレザーの張り込みを行います。最終的に納品する前に品質確認や測定を行います